石垣島の魅力は喧騒がない落ち着いた静かさです

ダイビングの目的は何でしょうか。もちろん自然とのふれあいです。東京や大阪などとは違った非日常が、沖縄ならどこでも味わえるかもしれません。とはいえ本当にダイビングをしたいなら、本島よりも石垣島です。そこには喧騒がない落ち着いた静かさがあります。

日本なのに違った雰囲気があります

石垣島は、本島から約400キロ離れています。この距離を新幹線で現わすと東京から岐阜羽島を超えたあたりです。逆に台湾とは300キロも離れていません。日本なのにちょっと違った雰囲気、距離感を味わえます。

離島ではありますが、日本で21番目に大きな島です。古くから開発が行われているため、手つかずの自然と言うわけでもありません。レジャー施設も完備されているため都会人であっても不便さを感じることはないでしょう。

米軍基地はありません

沖縄と言えば米軍基地というイメージもあります。とはいえ現状において石垣島には基地がありません。そうした漠然とした不安感はありません。まさにリゾート感覚を堪能できます。

たまに自衛隊は来ますが、それはご愛敬です。逆に珍しい物を見ることができます。それも石垣島にいるからこその特権です。言い換えると、いろいろな意味で今のうちに行っておいた方がよいのかもしれません。

国立公園になっています

石垣島の一部は隣の西表島と一緒に国立公園となっています。そのため今以上の開発が制限されています。今後は大きく変わることがないでしょう。だからこそ訪問客としても大切に扱うべきです。

魚たちもわかっているのでしょうか、落ち着いて泳ぎ回っています。人間と自然が一体化できる場所が石垣島にはあります。日本国内でも数限られたダイビングスポットです。

適度な静かさが味わえます

石垣島は日本有数のリゾート地です。そのためまったくの大自然ではありませんが、都会の人にとっては適度な静かさが味わえます。ダイビングをする場合でも安心感があるでしょう。

関連する記事

    None Found